知育とは

知育は幼児教育のなかに含まれるもので、「知育」「体育」「徳育」三育の一つです。イギリスの学者、ハーバード・スペンサーが提唱した「頭」「心」「体」3つの教育の考え方が幼児教育のベースになっているそうです。
知育は、頭脳がスポンジの様に柔らかく吸収し易いうちに、能力や知能を伸ばす教育のことです。
五感を使って良い刺激を脳に与えるようなプログラムがあります。
年齢に応じて様々な知育方がありますが、考え方は同じです。

具体的な教室や玩具、教育法などまた次回で紹介します。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる